僕のブログ一号

カメラとか、写真とか。

こちら僕一人、一般住宅潜入任務を開始する…

コソコソコソ…

ピンポーン

……シ━━ン……

よし、誰もいないようだ…

ガチャ…

f:id:boku0:20161029192057j:plain
どうやらこれが玄関か…
この左のはなんだ?
孫の手が何故玄関においてあるんだ…


f:id:boku0:20161029182953j:plain
ほうこの蝶番は丁度僕好み…
いやそんなことはいい、早く目的を済ませよう…

ゴソゴソゴソ…
f:id:boku0:20161029183122j:plain
ハッ…!なんだこれは…壁に穴が開いている…
こんな怪力の持ち主がいるとは聞いていない。
見つかる前にさっさと引き上げねば……

ピカッ…!!

な、なんだ?

f:id:boku0:20161029184649j:plain
ああ、ただの照明か…ビビらせるなよもう…

お、こっちにもう一部屋あるようだ…
敵影は認められないがなんだか騒がしいな…
慎重に潜入する…
f:id:boku0:20161029185038j:plain
音の原因はこれか…なんて書いてある…?それが…大事…MAN…
負けないこと…投げ出さないこと…逃げ出さないこと信じ抜くこと…♪…フンフン♪…

おっと、危うく敵の策略にはまるところだった…気を引き締めていかねば…

f:id:boku0:20161029192513j:plain
ん?何かがいるようだ…少し近づいて観察して…

f:id:boku0:20161029183656j:plain
ぎゃああああああああアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!
ななな、なんだ、こいつは…!!!
ひょっとして壁に穴をあけたのはこいつだろうか…とと、そんなこと考えてる場合じゃない!
に、逃げるぞ…!!タタタタ…

はあ、はあ…
追っ手の気配はない…上手く撒けたようだ…まだまだだな…

任務完了まであと一歩だ…最後まで気を抜くなよ…
f:id:boku0:20161029185838j:plain
あと少し…
コソコソ…

f:id:boku0:20161029191737j:plain
うむ…美しい…
おっと、また見とれてしまった…

コソコソコソ…


f:id:boku0:20161029190159j:plain
外を確認…足音もなし…
任務完了だ、撤退する…


さて…帰るか…我が家に…



ガチャ!
ただいま~!!

おわり

ぼーっと

最近ぼーっとする事が多い。


飯食いながらぼーっと

シャワー浴びながらぼーっと

仕事しながらぼーっと

音楽聴きながらぼーっと

映画見ながらぼーっと

本読みながらぼーっと

スマホ見ながらぼーっと

煙草吸いながらぼーっと

何もせずにぼーっと…


何も考えてないわけではないのだが、何を考えてるのかはわからない。

考えてるときは重要なことを考えてると思ってるのだが、後になってみると何も考えてなかった気もする。

火種がとうに消えて焦げ残ったフィルターを吸おうとして、初めて自分がまたぼーっとしていた事に気付く。

いつの間にか時間が過ぎて、何もしないまま一日が終わる。

ギルモアがTimeで歌ったモラトリアムは卒業したと思っていたが、またふりだしに戻った気分だ。


目覚まし時計は、一日が終わる事しか教えてくれない。

ピストルの引き金はとっくの昔に引かれていたのだろう。
f:id:boku0:20161024211810j:plain
去年撮った夕日

多次元的構造体と写真の話

※この話は基本的にプログラミング言語の構造体とは無関係のうちに書かれた記事ですので悪しからず。

題名:多次元的構造体

500px.comのBoku HitoriさんによるMultidimensional structure


X-E2 & AUTO YASHINON-DS 50mm 1:1.9

記事のタイトルにもなっているこの写真なんですが、正直タイトルだけじゃ意味がわからないだろうなと思ったのでブログで説明させていただきます。

まず、この写真は街並みの写真ではないです。

その理由から

僕たちは何かを見たとき、無意識の内にそれが何であるかを把握できますよね。
例えばこれ

500px.comのBoku Hitoriさんによるa photograph of a fan and a cat


扇風機と猫の写真です。
誰がみてもわかりますよね。
ちなみにこれのタイトルは「扇風機と猫の写真」です。

でもその認識、本当に正しいんでしょうか?
この写真に写っているのは、本当に扇風機と猫だけなんでしょうか?

答えはノーです。
この写真にはそれ以外のものも写っていますよね。
例えば壁、当然室内ですし壁が写ってます。
例えば棚、これは棚の上で撮ってます。
棚かどうかはわからなくても、宙に浮いてる訳ないですよね。
当然何かの上にあるわけで、写真にはそれも写ってます。


つまりこういうことです。
僕たちは、「目に映ったもの全てを認識するわけではなく、取捨選択して残ったものだけをそこにあるものとして認識している」のです。

ちなみに何を選ぶかは、インパクトの強弱やその人にとって既知か未知か、大切かどうかなど、百人いれば百通りの選び方があるでしょう。


ではもとの写真に戻ってみます。
f:id:boku0:20161014120818j:plain
先ほどこれは街並みの写真ではないといいました。

その理由は、街とはこの写真を見た人が、この写真の中からいくつかの要素を取捨選択して自分の意識の中に作り上げるものだからです。

だからこれは街の写真ではない。

じゃあこれは何か?
これは様々な要素が作る次元(例えば急な階段が作る空間的な次元、例えば車止めポールや電柱や電灯が作る幾何学的な次元、例えばアスファルトに書かれた「止まれ」の文字が作る社会的な次元、例えば奥を横切るバイクが作る時間的な次元…)の羅列であり、それらが作り上げた構造なのです。
だから僕はこれを多次元的構造体と題しました。

疑り深い人はこう思うかもしれないですね、「でもこれは結局誰が見てもただの雑然とした街並みの写真じゃないか」って。

そんなことはないのです。
例えばこの写真の左上の道路に書いてある「止まれ」の文字。
これは日本語で書かれた路面ペイントという次元を持っていますが、これを解釈できるのは日本語を知っている人だけであり、日本語を知らない人にとっては道路のシミか、もしくは奇妙なアートにしか写らないわけで、どちらにせよことばとしての意味情報を消失してしまいます。*1
つまりその時点で日本語が読める人がこの写真を見て作り上げた街と、日本語が読めない人が作り上げた街は異なるわけです。
これは何も「止まれ」の文字だけではなく、全ての次元において言えることで、何を選択し、どう解釈するかは全て写真を見る人に委ねられており、先ほども書いたように百人いれば百通りの解釈があって然るべきなのです。

僕はこれを多次元的構造体と題したのは、自分の見ている景色と他の人が見ている景色は実はかなり違っていて、もしかしたら同じものを見ても真逆に受け取っている可能性すらあり得るんだということを、僕たちはちゃんと理解しなくちゃいけないと思うからです。

終わり

関連文献

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

伊藤計劃氏のことばに対する思いが端々に書かれていました。「これはパイプではない」で有名なルネ・マグリットの『イメージの裏切り』
扇風機と猫の写真は自分的にはこれの真似したつもりなのですが…

*1:ちなみにこの知らない言語がどう解釈されるかという話は『虐殺器官』(伊藤計劃著)に出て来て感銘を受けました。

スルメと写真の話

本当は撮る気なかったんだ、きれいな写真なんて。

続きを読む

なぜ写真を撮るのか、そしてなぜ撮った写真を見せるのか

見る人を感動させる写真を撮りたいのか、自分が感動した瞬間を写真に撮りたいのか。

この二つの違いは思った以上に大きい。

撮影者のその時の気持ちと、誰かの写真を見る時の気持ちは必ずしも一致しない。
どんなにシャッターを切る瞬間に気持ちを乗っけたとしても、受け取る側はそれとはほぼ無関係の気持ちを抱く、もしくは全く感動を与えないことすらあり得るからだ。

続きを読む

サカエサンポ

散歩に行こうと出かけたとたん、雨が降り出した。

川沿いを歩こうと思っていたけれど、予定を変更して電車に乗って栄に行った。

続きを読む